和トリエの漢方ハーブティー

なつめは女性の宝もの生薬

私は薬屋の三代目として育ち、影響を大きく受けたのは

間違いなく祖母によるもの。

 

子供のころ、風邪で熱を出すとその時だけは、
お砂糖がたっ〜〜ぷりの あつあつの甘い紅茶を飲ませてくれた祖母☕️

そしてりんごのすりおろし🍎

あの紅茶の味を漢方で再現したくて作ったのが
日和(ひより)です。

 

実は、和漢ティザンヌのなかで1番人気です。

冷え冷え、巡りの悪い女性が多いからだろうか?

あるいは無農薬紅茶がお好きな方が多いのか。

漢方ハーブティー、和漢ティザンヌは全4種。

(上記は「日和(ひより)」)

 

もちろん、砂糖は入っていませんが、

でも、ほの甘さを出したくて、

生で食べるとりんごのような味の生薬である「なつめ」

そして甘茶をブレンドしました。

(この甘茶の配合量がなかなか難しかったぁ。)

 

シリーズのなかでは1番多くの「和漢植物」を使用しています。

漢方的な証では、血液の不足の「血虚さん」タイプ。
(まさにこれ、学生の頃の私でした。。)

 

血虚さんの症状は

疲れやすく眠りが浅く、夢をよくみる

胃腸が弱く顔色も良いほうではない

貧血気味

不安感やイライラがある

爪がもろく髪が抜けやすい

冷えを感じている

 

といったところ。

こんな症状には、漢方では、なつめや当帰は王道的な存在✨

そして、和漢ティザンヌの日和には

なつめも当帰もアンジェリカ(西洋当帰)としてブレンドされています。

我が家のキッチンには常設のなつめ瓶。

スープ、おかゆ、お茶などでよく使用しています。

 

とはいえ、なつめはなかなか一般てきに入手できないものなので
(生薬の分野ですので)

手軽に摂りたいと思ったら和漢ティザンヌの日和(ひより)

おすすめです。たくさん入ってます♫

 

⭐︎

さる12月、私がお世話になっている団体の会合で

薬膳カレーを作りました。

そのなかにもカレーの仕込みとしてなつめと当帰を

スパイスとして入れて煮込みました。

私が担当したのは「黒胡麻のキーマカレー」

もうひとかた、栄養士さんが作ったカレーは「スパイスチキンカレー」

ツインで盛り付けしてとっても美味しそう!!

黒胡麻は冬に弱りやすい「腎」の働きを高め

アンチエイジングの素材としてもおすすめです。

 

会場は尾張町の「エンブレムステイ」

なんだか雰囲気も良し、スタッフの親切な対応も◎。

良き時間でした。

 

 

PAGETOP